アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

井上陽水 x 玉置浩二/安全地帯 SONGS からの80年代の洋楽

何度観てもまた観たくなる井上陽水 x 玉置浩二/安全地帯の SONGS。

 

やっぱり音楽って良いなって思い、2人の曲を聴きながら80年代を思い出す。

 

当時はベストヒットUSAと言う音楽番組が流行っていて、私も毎週欠かさず観ていた。

 

私が好きだったのは、ジャーニー、TOTO、ビリージョエル、カルチャークラブ、

U2、ホール&オーツ、ホイットニーヒューストン、デュランデュラン、ポリス等々。

 

特にジャーニーホール&オーツは大好きだった。

 

ジャーニーの曲、Separate waysやOpen Armsは今でもCMソングやTV番組で良く使われているので、ジャーニーを知らない人も、曲は知っている人が多いと思う。スティーブペリーの声を聴くと、超テンションがあがり、元気になる。このベストアルバムは、本当に名曲ばかり。

 

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

 

 

そして、一番好きだったのはホール&オーツ。日本ではそこまで人気がなかった気がするが、私は彼らの音楽が大好きで、ほとんど全部アルバムを持っていたし、コンサートも数回行った。今でもたまに無性に聴きたくなる。

 

 

そう言えば、YouTubeを観ていたらある時、”Daryl’s House"と言う、ホール&オーツのダリルホールがやっていたネットの音楽番組を発見した。

 

この番組メチャメチャクオリティが高い。

 

そしてこの番組を観た時に、なんとなく玉置浩二ショーに似ているなって思った。

 

彼らの曲の中でも一番最初に好きになったのが、Wait for meと言う曲。


"Wait for Me" - Pat Monahan of Train, Daryl Hall

 

あと、こちらの方が多分ポールヤングのカバーでのため有名だと思う、”Everytime you go away"


"Every Time You Go Away" - Company of Thieves, Daryl Hall

 

ダリルホールもしばらく見ない間に随分おじさんになってしまったけど、すごくカッコい歳の取り方をしているし、歌声は当時と全然変わらない。

 

・・・なんとなく、玉置浩二を思い起こしてしまう。

 

最近は全てが玉置浩二へとつなっがてしまう(笑)

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。