アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

”オバサン”と言う言葉の力

 
私のように自分の子供も甥も姪もいないと、いつまでたっても"オバサン”と言われることに抵抗がある。
 
免許証の更新で撮った写真を見ると十分に”オバサン”だし、来年50歳ならまぎれもなく”オバサン”で、昔なら死んでいるかもしれない。
 
でも、やっぱり”オバサン”と言う言葉の持つ響きや意味合いがどうも悪過ぎる。
 
かと言って”お姉さん”と呼ばれると嫌味にしか聞こえないので、自分でもなんて呼んで欲しいか全くわからない。
 
 
 
”オバサン” "オバサン”
 
辞書には載っていないが、その言葉のみんなの心の中の定義は、"歳をとっている”、”恋愛対象外の女”、”ずうずしい人”、”物をずけずけ言う人”、”手ごわい人”そんなところか。
 
 
自分も”私はオバサンだから仕方がない”と思うと、ちょっと恥ずかしい事をする勇気が沸く。
 
ある意味、自分を"オバサン”と思うことで、変身できるのである!
 
 
海外で、観光に来ている日本のオバサン達を見ると安心する。
 
オジサン達を観ても安心しない、”この人達、大丈夫かな?”と逆に心配にさえなる事がある。
 
でも、オバサン達は、何かあってもこの人達は必ず生きて日本に帰れると確信できる、なんならお土産を両脇に抱えて。
 
だから、ここにオバサンがいる限り、私も大丈夫と思える。
 
 
”オバサン”て強い。
 
”強い女”と言うのが日本では長くあまり好まれなかった。
 
つまり、おしとやかで守ってあげたくなるような女性が好まれた文化。
 
”オバサン”はそれとは正反対。だから、"オバサン”と言う言葉にはネガティブなイメージがある。
 
でも、”オバサン”って何故か怖いけど安心する。あったかい。
 
”私がオバサンになぁったら~♪”って、オバサンだよ、もう!ってか(笑)
 

 

叔母さん(200曲セルフカバーVer.)

叔母さん(200曲セルフカバーVer.)

 

 

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。