アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

80年代洋楽 あれもこれも!

なんだかホントに80年代が懐かしくなってきた。

80年代の曲の特徴はと聞かれたら、私なら「インパクトが強い」と答えるかな。

たとえば、フォリナーの「ファイナルカウントダウン」とか、ヴァンヘーレンの「ジャンプ」。この辺りの曲は一度聞いたら脳みその一部になるんじゃないかと言う位インパクトが強くて忘れられない。

 

私の中のインパクト最強説は、ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」。アメリカ生まれが歌になるんだから、そりゃすごい。

あと、ここまで来たら忘れてはいけないのが、ボンジョビ。

今でもテンションが低い月曜日の朝とか、「You give love a bad name」や「Livin'On a praye」を車の中でガンガンにボリュームを上げて聞いたりしている。

もちろんマイケル・ジャクソンも全盛期だったけど、私は何故かマイケルにはいかなかったなぁ。マドンナも。もちろん良い曲も多いけど。

そうそう、後、好きだったのが、メン・アット・ワーク。「ダウンアンダー」とか「ノックは夜中に」はドはまりした。

シドニーオリンピックの閉会式で彼らが出てきた事が、自分の中でシドニーオリンピックで一番感激したことかも。

 

イギリスのバンドでは、デュランデュランとカルチャークラブ。ミュージックビデオが出てきて、ビジュアル的に彼らはインパクトがあった。特にデュランデュランのジョンテイラーは、私の王子様だった。ボーイジョージは声が超セクシーでいいね~。スタイルカウンシルはあんまり聴かなかった。

 

U2は当時はあか抜けていなかった印象があるけど、ボノのささやくような低音がものすごーーく好き。

 

あと、A-Haとかもいたなぁ。

 

ポリスの「見つめていたい」とスティングの「Englishman in New York」も大好きな曲。

 

ポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーの「エボニー&アイボリー」とか、TOTOの「アフリカ」や「ロザンナ」は、かならずお気に入りのテープにダビングしていた。

 

プリンスも聴いたな。

 

もう、止まらな。ので、いったん引き揚げます!

 

 

カーゴ

カーゴ

  • アーティスト: メン・アット・ワーク
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2003/04/09
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。