アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

母親のムカつく小芝居

坐骨神経痛の母親は、ここ1ヶ月位整体に通っている。

車で30分位の所で、毎週末私が送迎をしている。

しかし、どうも効果がなく、先週は今度は予約を入れてこないと言っていた。なのに、ちゃっかり予約を入れて帰ってきた。

施術した時だけ痛みが和らぐなら、そんなに遠くまで行かなくても近くの整体に行けば?と言うと、それじゃあ「そうするよ」と言う。


しかし、昨日の夜会社から帰ると、
「この前のところ、まだ予約取り消していない」と言う。

「じゃあ今から電話をして取り消せば?」と言うと、

「あんた電話してよ」と言う。

やっぱりね、そんな事だろうと思っていたよ・・・。

予約を取りすのが決まりが悪いのか、やりたがらない。そう、嫌な事は人に押し付けるタイプ!

そもそも予約は入れてこないと言いながら、カッコつけて予約を入れてきた自分が悪いのだから、私としたらイヤなこったである。

「自分でそれ位やって」と言うと、仕方なく電話を持ってきて私の目の前で電話を掛け始めた。

「あ、掛らない」「つながらない」「電話がおかしい」などと、なかなか電話がつながらない。最初こそ大丈夫かな?と見ていたが、どうもウソ臭さがプンプンする。

「電話番号が読めない」「目が悪くて番号のボタンが押しにくい、あー困った」と言っている。これをマジメにやるのである。

イライラして電話番号を私が読み上げる。「やっぱりつながらない」と言う。3度も!

「じゃあ、電話番号が違うんじゃないの? 診察券で確認したら?」と言うと、そこの整体を紹介をしてくれた友達に電話をすると言う。

電話帳を見ながら電話を掛けると、すっと繋がり「もしもし、私~」と話し出す。

目が見えにくくてボタンが押しにくいのなら、友達の所だって掛けにくいだろうに、何故に一度でつながる訳・・・?。

教えてもらった電話番号は、もともと掛けていた電話番号と同じである事がわかり、また整体へ電話をする。

するとまた、「掛らない」「おかしい」と下手な小芝居を真剣に再開する。

・・・・

私だって、母親が本当に困っていたり、大変そうであれば手助けもするが、整体の予約が昨晩取り消せなかったところで死にゃしない。

あきれてその部屋から出ると、あきらめたのかちゃんと掛けて「もしもし○○です」と言う話し声が聞こえる・・・。

自分の母親ながら、お手上げである・・

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。