アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

昭和の大スターと玉置浩二を考える。

先日BSで、たけしと所ジョージが昭和と平成の歌を比べるという番組をやっていた。
 
非常に面白い番組だった。
 
各時代大きな影響があった人物として、永六輔/中村八大(上を向いて歩こう)、小室哲也、宇多田ひかるを上げていた。
 
上を向いて歩こうが何故海外の人に受け入れられたか、小室哲也とカラオケ文化、宇多田ひかるが昭和の人にも受け入れられる理由。
 
また、特に昭和の時代は、スポーツ界にも歌の世界においても大スターがいて、その人達はその時代を背負っていたと言っていたが、平成になってからはそのような時代を背負ったスターやアイドルがいなくなったと。
 
その人達を思い出す時には、必ずその時代もぼんやりと浮かんでくるような。百恵ちゃんとか長島さんとか。
 
 
 
玉置浩二を考える。
 
彼は時代を背負っていない。その昔、肩に大きなパットは入れていたが。
 
どちらかと言うと、時代そして彼の年齢とともに彼自身が変化している。
 
玉置浩二の作る歌の根幹は普遍的で、その時の玉置浩二のアレンジに気持ち良く乗って届いてくる。
 
だから玉置浩二の作る曲は懐メロにはならない。
 
そして玉置浩二が歌うとどんな曲も懐メロには聞こえない。
 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。