アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

アメリカでの衝撃出来事

日本人にとって、アメリカ人はなんとなく近く感じる。
多少の違いはあっても理解しあえるのかなって。

でも、結構違う。

私がアメリカに留学中、もう半世紀も前になるけど(半世紀前ですでに20台!、恐ろしいや~)
ホストファミリーの友人宅に行った時のこと。

そこの家庭にも日本人留学生がいて、日本の高校の世界史の資料か何かを見ていた。
たぶん、宿題に追われていたと思われる。

資料をぱらぱらめくっていると、その家のお父さんが興味を示してのぞいてきた。

そして次の瞬間非常に不機嫌になり、こう言った。

「日本は間違った事を学校で教えている。」と。

何のことかわからなかったが、聞くと、ダーウィンの進化論の事を言っている。

そう、ダーウィンの進化論はキリスト教の聖書と矛盾する。

人間は神が創ったもので、決して原人から進化したものではないのである。

敬虔なクリスチャンの彼には、進化論は許せないのだ。


当時そう言うことに無頓着であった私には衝撃的な出来事だった。

後から大学の先生にこの事を話すと、アメリカでは”モンキートライアル”と言ったような大きな裁判まで起こっていて、
たびたびこの問題が表面に出てくるようだ。

Wilipedia情報では、2000年台に入ってもアメリカ人で進化論を信じる人は40%程度だそう。

いやー、原爆を作ったり、火星まで行ける国の人達が進化論を信じていない人が多いなんて、

ギャップがすご過ぎる。

アメリカは全てにおいて”ビッグ”だなぁ~

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。