アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

玉置浩二とアメリカと「あの頃へ」

今年1月に私の父親が急逝した。
 
葬儀後、一週間後には私はアメリカへ3週間の出張に行かなければいけなかった。
 
気持ちの整理がついていた訳ではなかったが、現実逃避には丁度良かった。
母親が心配だったけど、叔父と叔母が「大丈夫だから行ってきな」と言ってくれた。
 
出張先の休日の昼間、ホテルの部屋から窓の景色をぼんやり見ながら、安全地帯の「あの頃へ」を聞いた。
 
一瞬にしてどこまでもまっ平らで広い広いアメリカの地に、玉置浩二の世界が広がった。
 
 

f:id:y-funyapy:20170916191224j:plain

地平線の向こうにまでも届きそうな位、彼の声は伸びやかで心地良かった。
 
涙が出るとか、なぐさめられるとかそう言うんではなく、ただただ、彼の世界にずっといたかった・・・
 
 
 
(このあの頃へは、私の中では玉置浩二のベストパフォーマンスの1つ)

 

アンプラグド・ライヴ! [DVD]

アンプラグド・ライヴ! [DVD]

 

 

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。