アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

玉置浩二の才能と国民的歌手

玉置浩二と言えば、好き嫌いはともかく老若男女みんな知ってる。まあ、お騒がせな部分もあるので余計に。それは置いといて。

 

でも、そこに玉置浩二のそこはかとない才能があると、私は思う。

 

安全地帯が出始めた頃、素直に好きになれなかった。

 

当時の私はロックな洋楽が好きで、安全地帯と言うと、どちらかと言えば歌謡曲の延長と言うイメージだった。

 

とは言っても、当時はザ・ベストテンや夜ヒット等、音楽番組も多かったのでテレビでよく見ていたし、超売れてたし。

 

当時の安全地帯の曲って、多分、万人受けするメロディの曲が多いと思う。

 

(逆にそれが今聞いても古く聞こえないし、実際オーケストラで演奏するとさらにその美しい旋律が際立ち、すぅっと入ってくる。)

 

そう言う万人受けをするようなメロディラインに意図的にしたのではないかと、私は勝手に思う。

 

だって、最近知った彼らのデビュー曲の「萌黄色のスナップ写真」があまりにも違う路線だから。

 

あれは完全に洋楽っぽいし、あの曲じゃあ少なくとも演歌好きの私の親は聞かない。

 

今、彼のファンになってライブやアルバムを聴くと、それはそれは色んなジャンルの曲がある。多分、そっちか本来の姿なのかなぁなんて想像する。凄いと思う。

 

はじめからそっちの路線でも全然行けたはず。

 

でも、そうしたら今みたいに、おじいちゃんもおばあちゃんも知っているようなアーティストにはなっていなかったと思う。

 

私が玉置浩二の歌っている姿を見て思う事は、自分がやりたい音楽を楽しむ為と言うよりは、聴いてくれる人に喜んでもらいたいから歌っているよいうに感じる。

 

そこには、結構"アーティスト"にありがちな、「僕の音楽が分からないなら聴いてくれなくていいよ」って言う態度は感じられない。

 

「こい言う音楽は嫌いなの?じゃあ、こう言うのはどう?こっちの方が良い?」って問いかけながら色んな曲を私達に聴かせてくれているように思える。同じ曲でも、こんな感じのはどう?ってアレンジ変えたり。音楽が彼から溢れ出でくる。

 

だからたくさんの人に聴いて喜んでもらいたいのかなと。

 

なかなかそれが出来る人はいないんじゃないかなぁ✨

 

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。