アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

母親と赤飯と…

うちの母親はお赤飯が好きらしい。

 

何かと言うと炊きたがる。そして親戚、近所、友達にあげたがる。

 

今年1月に父親が急死した。

 

四十九日も過ぎないうちにお赤飯が食べたくなったらしい。

 

「やっぱりお赤飯を炊くのはマズイよね」と聞いてくる…。そりゃマズイよねと、心の中で思う。

 

でも、父親が亡くなってから全く料理をする気がなかった母親が、少しはやる気になったのならと思い、強くは否定したかった。

 

結局炊いた。

 

とりあえず、

 

「お父さんの親戚には配らないでね」と、言っておいた…。

 

それからも何度も炊く。

 

天国の父親が何て思ってるか疑問だが、

 

少なくとも糖質制限のダイエット中の私にはいい迷惑である…。

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。