アラフィフ女子's diary

玉置浩二、乗馬、ダイエット、仕事、家族の色々

玉置浩二とFNS歌謡祭

何故出ない、玉置浩二よ FNS歌謡祭に… 毎回めざましテレビでFNS歌謡祭をやると聞くと、ドキドキしながら出演者をチェックする。 玉置浩二、玉置浩二、玉置浩二はと、玉置浩二の名前がないか探す。 今回もなかった…がっかりだ。 実は玉置浩二を好きになったき…

母親の老いてく姿

78歳の母親。 先日ポツンと「友達関係なんてあっけないねぇ」と淋しそうにこぼしていた。 父親が3年前に心筋梗塞で急死してからと言うもの、めっきり体力的にも精神的にも弱ってしまった。 それまでは車の運転もスイスイしていたが、目の欠損が生じて運転も…

ラグビーW杯とボンジョビの底力

職場の人にラグビーのW杯に連れてってもらった。 予選のオーストラリアとジョージア戦。台風の前日で雨も風もそこそこ強い中の観戦だったけど、屋根と風向きの関係で雨に濡れる事もなく、とても楽しい観戦となった。まあ、ルールは分からない事も多いけど、…

玉置浩二の歌声に抱かれて…他アーティスの曲を歌う時

SONGSを観て、玉置浩二に膝枕をしてもらった夢を見て以来、玉置浩二の事しか考えていない。いわゆる、”玉置浩二中毒”中である。経験している人も実は多いと思う。 そんな時はとにかく玉置浩二を聴く。 玉置浩二は色んな顔を持っている。 エキセントリックな…

玉置浩二の膝枕と音の芸術家

何のことかと言えば、昨日の私の夢である。 録画してあったSONGSを昨夜観て、そして見た夢が、玉置浩二に膝枕をしてもらいながら、私のために歌を唄ってくれたという夢。 もう今日は仕事にならないよねーーーーー。 そして、歌を唄ってくれたり話したり、そ…

玉置浩二がNHK SONGSに! 歌予想

ハッピー・サタデーとはこの事だ。 朝起きて新聞のテレビ欄に目を通すと、なんと玉置浩二の名前を発見❣️ NHKのSONGSに「目の前のあなたに歌う」と言うタイトル。4曲歌うらしい。 えーーーー、何を歌うんだろう??? 目の前の私に歌ってくれるんでしょ? 何…

スマホの次は…高齢者とアレクサ

成功とは全く言えな母親にスマホ。ガラケーよりも文字も大きいし、使いやすいとおもったんだけどな。昔の人にはボタンがない所を押して反応すると言う事がどーしても納得出来ないらしく、身体的な老化も伴い、ちと難しいようだ。それでも諦めずに練習させる…

スマホ…高齢者にとって難しい理由

母親が使っていた携帯の電池がついにダメになり、買い換えなければいけなくなった。 自分の感覚から「逆にスマホの方が簡単ではないか?」と、簡単スマホを買った。 一ヶ月になるが使えない母親…何度教えても失敗ばかり。 うーん…。やっぱりガラケーにすれば…

女子の本音 Wonderful Tonigh

秋の夜長。YouTubeをブラウジングしていると、エリック・クラプトンの「Wonderful Tonight」に行きついた。 これまで特に思い入れもなかった曲が、この日は歌詞がすっと頭に入り、まるで映画を観ているような気分になった。究極にロマンチックな曲。 夜、パ…

自閉症を持つ兄について妹が思う事➕アレクサ

ブログでも何回か書いているが、私の兄は自閉症である。 今の時代「自閉症スペクトラム」と言うらしい。 何十年分のカレンダー(日にと曜日)が言える事自体、どこかがおかしい。 普通の人と違うし、常識が全くないため他人に迷惑を掛ける事もあり苦労はする…

ドラクエウォークも田舎モンには厳しかったと言う事実が判明…

もう、がっかりだよん…ブルータスお前もか!みたいな、「ドラクエお前もか」って。 どうもレベルが進むとみんなで協力して大ボスを倒すと言う物があるそうだ。 なんでみんなで協力するかなぁ。ゲームなんて暇つぶしなんだから1人で出来なきゃ。 みんながいな…

ドラクエウォークとポケモンGo を比べると…

ドラクエ世代のポケモンGoをやっているミーハーな私がドラクエウォークをやってみた。 まさか生きているうちに自分が勇者となってスマホ片手に歩く時代が来るなんて、復活の呪文を紙に書いていた頃の私は想像もしていなかったよ。 感慨はさて置き、ポケモンG…

玉置浩二の夢を見た

昨日玉置浩二の夢を見た。 コンサートの後、会場周辺を歩いていると出待ちをしているところに出くわした。 するとそこへ白いお揃いのスーツを着た青田典子と玉置浩二が現れたが、すぐに去っていった。 なんだ、さっぱりしたもんだなぁと思いまた駅に向かって…

ブーニンの小指の音

小指フェチの話ではない。 最近恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読んで、急にピアノが聴きたくなった。 私の世代でピアノと言えば、1985年のショパン国際コンクールで優勝したスタニスラフ・ブーニンである。 私もテレビ中継でショパンコンクールの様子を見てい…

玉置浩二コンサート 後日談

「昨日、玉置浩二のコンサート行ったよ。すごい良かった」 と、母親に伝えたら 「玉置浩二って変な声出す人だよね〜?」 … 玉置浩二は変な声は出さない。 変な声を出すのはコロッケである…

夏の終わりの玉置浩二

メッチャよかった昨日の玉置浩二のコンサート❣️ 玉置浩二のソロコンサートはこれで3年連続。今年が一番私的には満足度が高かったかも。 玉置浩二が素敵だなぁと思うのは、昨日のような地方の小さい会館でコンサートをやってくれること!観客を選ばす、みんな…

玉置浩二にゾクッとする時

また玉置浩二ブームが到来した。とにかく玉置浩二が聴きたくなると言うブーム。 「フレンド」と言う曲は、私の中のトップテンには入らない曲だけど、曲の一部分にものすごく好きな所がある。 Aメロと言っていいか分からないけど、最初の部分の「言え…ない…ま…

玉置浩二とニューヨークのJazzバー

仕事で1週間ほどニューヨークに行ってきた。 大都会ニューヨーク、仕事が終わってからでも十分に楽しめる。 今回一番楽しかったのは同僚とJazzバーに行った事。Birdlandと言う有名なJazzバー。 予約なしで言ったところ、カウンターならOKと言うこと。値段は…

徒然に・・・アラフィフ女子の切ない思い

叔母が春に植えてくれたパンジーの鉢植えがそろそろ終わりをむかえ、昨日は花を植え替えた。 隣の街にお洒落な花を売っているガーデンショップがあり、10鉢程買って帰った。 可愛いオシャレな花たち。植えたら素敵だろうなとワクワクしながら作業を始めた。 …

テンションが上がる曲

最近よく昔聴いていた曲を聴く。 YouTubeやAmazon primeのおかげである。 日が長くなり、晴れている日は気持ちの良いこの季節。 テンションがあがる曲を車の中で聴きたい気分になる。 私的にテンションが上がる曲 1.ジャーニー「Separate ways」 イントロ…

SNSとジョージオーウェル「1984」

最近のニュースを観てると、ジョージオーウェルの小説「1984」に出てくるビックブラザーを思い出す。 例の「Big brother is watching you」と言うやつですよ、いわゆる。 皮肉なのは小説が全体主義の社会の中で、徹底的に体制・当局によって監視され、反体制…

ふきんと雑巾とハンドタオルと自閉症

何のことかさっぱり分からないと思いますが、私にとってはここの所どうしたもんかと悩んでいる問題である。 難しい漢字も読めるし、お金の計算もできる自閉症の兄。 では、普通の人と何が違うのかと言うと、「一般常識」である。 普通の人にとっては当たり前…

久しぶりの玉置浩二とジレンマ

うーん、どうしようかどうしようか。 玉置浩二ファンの私が今悩んでいる事は、今年も玉置浩二のビルボードクラッシックコンサートに行こうかどうしようかと言うこと。 もちろん行きたい。 でも、一昨年2回、昨年2回と計4回行っている。 毎回感動。 初めて…

年老いた母親を持つ自閉症の兄の苦悩⁈

と書いたものの私の母親でもあるのだが。 これは持論ではあるが、根本的に男の人の方が母親に対しては優しいと思う。 私の兄も自閉症と言う障害は持っているが基本的に人間的に優しく特に母親に対しては優しい。 母はと言えばそれはそれは兄を可愛がっていた…

令和の初日も平々凡々

昭和生まれの私は、昭和の人間と言う意識が強いが、よくよく考えてみると実は平成の方が人生に占める割合が長かった。 令和の初日は、まったくもって普通の日であった。 朝起きて曇り空。昨日が一日中雨だったので一歩も外に出なかった分を取り返すべく、朝…

平成最後の日はとても平凡な日

普段なんだかんだで家にいない私が、平成最後の日の今日は家にいる。 何をする訳でもなく、1日NHKをつけ、大晦日の紅白のように「平成最後の日」をメディアを通して感じている。 メディアがなければ単なる雨の日である。 昭和が平成に代わる時のことを意外…

母親と知的障害者の関係を思う

朝ごはんを食べれている時に、知的障害を持った男の子が近所の側溝でおぼれて亡くなったと言うニュースが耳に入ってきた。 まず一番最初に頭に浮かんだことは、その子のことが可哀相と言う思いよりも、その男の子の母親の事であった。 何回かこのブログでも…

Amazon Audibleを使ってみて …今風の読書スタイル

新し物好きな私はアプリをあれこれダウンロードする。 特に弱いのは、1か月無料で使用できるというアプリ。あるあるだと思うが、そして忘れて1か月が経ち、有料になって料金をいつの間にか支払っているというパターン。 その中のつがAmazon Audibleであった…

多年草に思いを馳せる歳になったなぁ…

と、しみじみ思う。 母親が2年前の冬、鉢植えの多年草を2つ購入し、キッチンに置いた。 名前は分からない。紫色の花の鉢と白い花の鉢。冬から春にかけて咲く。 たいして気に留めていなかった。 その冬年が明けるとすぐに父親が心筋梗塞で突然逝ってしまった…

家族の存在が私を現実に引き戻す・・・

ユヴァル・ノア・ハラリの本を読んだり、「ミリオネアマインド」を読んだり、海外に出張に行ったり、美味しい物を食べたりしていると、こんな田舎に住んでいてもちょっとだけドラマの主人公のような気分になる時もある。 が、家で年老いた母親と自閉症の兄と…

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。